ホーム »

キンドルダイレクトパブリッシングの可能性

通称「KDP」と略されていますね。

キンドルダイレクトパブリッシングがどういうものかというと、誰でも電子書籍を出版出来るというサービス。
それもキンドルブックとして出版されるのでAamzonで検索したら自分の本が出てくるんですよ!!!

これまでにも電子書籍を出版出来るサービスはいくつもありましたが、KDPがそれらと全く異なる点はアマゾンが運営しているという点でしょうね。
アマゾンといったら本で急成長してきた世界最大のネット・ショップ。
他の過疎電子書籍サイトとは規模も知名度も段違いです。

おそらくこれまで他のスタンドで出版してきた人も同じ作品をKDPとして出すだけで売り上げ倍増すると思いますよ。
人によっては10倍売れる人もいるっていいますからね。
個人が出版出来る仕組みとしては現時点で最強だと断言できるでしょう。

でも儲かるんですか??
と言われたらしょーじき現時点ではあまり儲からないです。
なんでかというとキンドルの売れ筋は100円本だから。

やっぱり素人の本に1000円とか出してくれる人はいません。
500円でもまず売れないでしょう。
でも100円なら別なんですよ。

100円ならば試しに買ってみるか?っていう人が間違いなく存在します。
私もその中の一人ですから。
購入者側としても100円なら諦めがききますからね。むしろ面白かったら儲けもんて感じでしょう。

今は小説やエッセイみたいなKDPがメインですが、これからはマンガも出てくるでしょうね。
もしかしたらKDPで出版→人気に火がつく→雑誌で連載、なんていう人も現れるかもしれません。

とにかくKDPから今後目が離せませんね!

https://kdp.amazon.co.jp/