ホーム »

キンドルダイレクトパブリッシングの可能性

通称「KDP」と略されていますね。

キンドルダイレクトパブリッシングがどういうものかというと、誰でも電子書籍を出版出来るというサービス。
それもキンドルブックとして出版されるのでAamzonで検索したら自分の本が出てくるんですよ!!!

これまでにも電子書籍を出版出来るサービスはいくつもありましたが、KDPがそれらと全く異なる点はアマゾンが運営しているという点でしょうね。
アマゾンといったら本で急成長してきた世界最大のネット・ショップ。
他の過疎電子書籍サイトとは規模も知名度も段違いです。

おそらくこれまで他のスタンドで出版してきた人も同じ作品をKDPとして出すだけで売り上げ倍増すると思いますよ。
人によっては10倍売れる人もいるっていいますからね。
個人が出版出来る仕組みとしては現時点で最強だと断言できるでしょう。

でも儲かるんですか??
と言われたらしょーじき現時点ではあまり儲からないです。
なんでかというとキンドルの売れ筋は100円本だから。

やっぱり素人の本に1000円とか出してくれる人はいません。
500円でもまず売れないでしょう。
でも100円なら別なんですよ。

100円ならば試しに買ってみるか?っていう人が間違いなく存在します。
私もその中の一人ですから。
購入者側としても100円なら諦めがききますからね。むしろ面白かったら儲けもんて感じでしょう。

今は小説やエッセイみたいなKDPがメインですが、これからはマンガも出てくるでしょうね。
もしかしたらKDPで出版→人気に火がつく→雑誌で連載、なんていう人も現れるかもしれません。

とにかくKDPから今後目が離せませんね!

https://kdp.amazon.co.jp/

 

料理漫画は大抵面白い

これはなんとうか持論というか経験というか。

料理をテーマにした漫画でめちゃくちゃつまらない!って漫画に出会ったことがないんですよ。
確か最初に読んだ料理漫画はミスター味っ子だったかな?

あれは少年ごころに響く演出がうまかったですねぇ。
第1話の二度揚げする極厚のカツ丼とか今思い出してもよだれがたれますわ・・・。
その後も寺沢大介先生の作品はちょくちょく読んでいます。

将太の寿司をはじめ、ミスター味っ子2とか。
最近は本格的な料理漫画を連載してないようでちょっと寂しくもありますが。。
もしかしたら以前に比べると料理漫画って流行ってないのかな?

と思いましたが、ジャンプで食戟のソーマがめちゃくちゃ人気あるしねぇ。
需要がないってわけじゃないけど描く人が減ったのかもしれない。
焼きたてジャパンの人も医療漫画に移っちゃったし。

もう私もおっさんなんで新しい漫画を読みまくるってのもちょっとつらいんですけどね。

最近は将太の寿司の文庫とかブックオフで大人買いしちゃったし。
コンビにで打っている廉価版のコミックなんかにもついつい目が行ってしまいます。

中年以降になると自分が一番漫画を楽しめていた時期の作品に自然といってしまうのかもしれませんね。
コンビニ廉価版コミックとかはそのへんの心をうまく掴んでいると思う。
基本懐かし目の作品が多いしさ。

寺沢先生とか中華一番の先生とか、私にとって往年のスター的な漫画家さんが新連載してくれたら興味は出る気がするけど。

全くの新しい先生&作品にはちょっと今は手が出ないかなぁ。
友達からめっちゃススメられたら別だと思うけど。

う~ん子供心を思い出させてくれるようなちょっと破天荒な料理漫画が読みたい今日このごろでございます。

 

新社会人に必要な物って何だろう

あと2ヶ月ほどで学生を卒業し、社会人になる。
長かったのか短かったのかわからない学生生活。
おそらく社会人として何年かた経てば貴重な時間として思い出されるんでしょうね。

部活OBの先輩が口癖のように言ってましたからね。
「学生時代は良かった・・・」と。
でもこれは学生にとって見ればカッコ悪い社会人としてうつるのであまり言わない方がいいかと思いますw

たぶん僕も将来イイたくなっちゃう時があるけど我慢しよっと。。
まぁメンタル的なことはどーでもいいんですが、イマイチ社会人になる心構えやら準備が出来ていません。
引っ越しの手続きだけはしたんだけど、あとは何もしてない。

他の内定者達は入社前にバイトとして働いている人もいるみたいだから馴染めるか不安ってのもある。
そもそも正直働きたくないからね・・・汗
でもそんなことは社会人として許されないし親にも悪いので真面目に働くつもりではいます。

まぁ新社会人に必要な精神状態には最低限なってるんじゃないかな。
前向きなメンタルっていうか現実を受け入れざるをえない、みたいな感じだけどね。
おそらく僕は起業とかしてお金なんて稼げるわけないから間違いなく一生雇われでしょう。

だからサラリーマンとしての処世術を身につけるのは生き抜く力を得ると同意になるはず。
さすがに野垂れ死ににはなりたくないのでね。

メンタル面は良いとして物理的に必要なものはスーツを始めとするビジネスグッズかな?
スーツは就活で使っていたやつが二着あるけど、これじゃぁ正直ちょっと心もとない。
地味なデザインは良いと思うけど、使いすぎてて擦り切れている部分もあるから貧乏臭い。

営業職だから身だしなみは大切なはず。
上司に起こられる前にスーツは新調しなきゃなぁ、お金ないけど。
予算面を考えるといわゆるツープライススーツ一択になるね。

ツープラを知らない人は↓のHPが参考になるかと。
http://www.2price-suit.com/

狙っているのは19,000円で2パンツが付いてくる奴。
できれば洗濯機で洗えるヤツが良い。
あと折り目がなく消えにくいやつ。

アイロンの技術はほとんどないので、上記の条件のような使い勝手の良いやつじゃないと僕には無理かと。
その辺は店員さんと相談してなんか提案してもらおうっと。

まずは一着だけ買って働き始めて2~3ヶ月したらまた一着追加するって感じでいこうと思ってる。
今は引越し代にお金がかかりすぎて金欠すぎるからさ。

あ~なんか働くことを考えてきたら欝になってきたわw
皆通る道なのかもしれないけど、この気持ちはどうしようようもない。

残り僅かな学生生活、何をして過ごすか今夜じっくり考えてみたいと思う。

 

大人になっても買っている漫画雑誌

子供の頃から買い続けているという意味では週刊少年ジャンプです。
大学生くらいまでは少年マガジンも買っていたんですが、なんとなく買わなくなりましたね。。
新連載に段々と興味がなくなってしまったのが原因かと思います。

はじめの一歩くらいはまだコミックで読んでるけどね。
一方ジャンプは小学生の頃から今だに買い続けているのでかれこれ20年以上の読者歴になりますわw
でも意外とジャンプの購読層って大人が多いみたいですね。

自分みたいに子供の頃から読んでいてそのまま大人になったみたいな。
そういう人って多いと思います。
あと実際ジャンプは面白い漫画多いですよ。

大人が普通に読んでも面白いもん。
NARUTOとかトリコとかBLEACHとか。
最近では黒子のバスケや食戟のソーマ、暗殺教室なども読んでいますね。

何故かワンピースだけははまれないんですが、これはなんでだろう?
国民的漫画だから自分の天邪鬼精神が邪魔しているのかなぁw
空島くらいまでは読んでたんだけど途中で読まなくなったんだよね。

ワンピースは大人でも読んでいる人多いから子供っぽいからって理由ではないと思うんだけどね。
子供っぽいっていうならトリコの方がどっちかっつーと子供の読者多そうだし。
モンスターの捕獲レベルやモンスター名を読者投稿出来るシステムはジャンプっぽくて好き。

NARUTOは戦争編になってしまってちょっと勢い弱まったかな。
忍者の戦いってのは一騎打ちがやっぱり楽しいと思う。
もしくは戦略的な団体戦か。

戦争編は単純な集団戦ぽくなっているからいまいちNARUTOの魅力が削がれている気がするんですよねぇ。
まぁもうコミック60巻以上いってるんだからネタも切れてくるでしょうけど。
でもNARUTOは好きだから最後まで絶対読みたいですね。

おそらくこれからもジャンプは買い続けるんだろうなぁ。何歳までかわからないけど。

あ、あとヤングジャンプは買ってますよ!
これは25歳くらいから買い始めた。キングダムと嘘喰いの先が読みたくてね~。
ヤンジャンは結構面白い漫画が多いので今後も買い続けるでしょうね。

漫画は自分の人生にとって相当大きい娯楽なので、これからも楽しんでいきたいですね。